脱毛エステサロンで永久脱毛

エステサロンの脱毛と美容外科や皮膚科などで行われる脱毛には、違いがあります。それは、施術に使われる機器の出力のパワーに差があります。美容外科や皮膚科などは医療機関として認められているので、高出力のレーザーを使う電気脱毛の施術を行うことが出来ます。高出力の機器を使うには専門知識が必要になるので、専門知識を持った意志や看護師が施術をすることが義務付けられています。それに比べエステサロンは、医療機関として認められていないので、高出力のレーザーを使った施術を行うことが出来ません。
脱毛の仕組みは、毛根の周囲の毛包を壊すことで毛の再生を防ぎます。この毛包を安全に壊すことができるかどうかが、エステサロンの脱毛と医療機関の脱毛の違いになります。エステサロンで主に使われている光脱毛の光の弱さでは、皮膚の厚い部分や毛の色が薄い部分では、完全な脱毛効果が出にくいです。それは、一時的に毛が抜ける効果のみになってしまうので、期間をかけて続けて施術を受けなくてしはなりません。医療機関での光脱毛は高出力の照射で施術を行い、すぐに冷却を行うので、安全で効果のある治療が出来ます。つまり、エステサロンで永久脱毛をするためには、長期の施術が必要となります。しかし、光脱毛に使用される光が弱いことで肌への負担も少なく、費用も安いので通いやすさがあります。また、永久脱毛とは永久に毛が生えてこないという定義にありますが、それは「脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下である場合」となっています。なので、もし脱毛後の一ヶ月以降後に毛が生えてきてしまっても、永久脱毛をしたということになってしまうのです。よって、永久に毛が生えてこないという永久脱毛が100%出来るという確証はないのです。
ミュゼ一宮